台風3号九州豪雨災害

7月4日、長崎に上陸した台風3号、
梅雨前線を刺激して、北九州に豪雨、
40万人超に避難指示の大規模水害をもたらしました。

今回の災害。テレビや新聞の報道で見る限り、
目立ったのは、洪水で運ばれてきた多数の「流木」。
これが被害拡大を助長したに違いありません。

大量の流木、どこから? 
被害地ニュースの中心的存在は、
福岡県朝倉市・東峰村、大分県日田市。
そこは、スギ人工林が広がる林業地帯で、
特に日田は、日田杉の名で古くから著名な林業地。

人工林と言えば手入れ不足がよく指摘されるところ。
間伐などが十分でないと、
立木の発達不足(未熟)、土壌劣化を招きます。
それは、豪雨時の土壌流亡・山崩れへとつながり、山崩れでは
立木も共に流し出されていきます(→2010.8ちょっと教えて森林雑学ゼミ)。

細い間伐材もよく売れた、ずっと昔。
植栽から伐採まで長期間かかる人工林施業において
間伐収入は中間収入として大切でした。
しかし、間伐材は安くて採算が取れない昨今、
保育上必要だからと間伐はしても、安価な間伐木は搬出せずに林内に放置、
いわゆる「伐り捨て間伐」が多いのです(→2016.9ちょっと教えて)。
これらの放置木が、豪雨で流出しやすいのは当然でしょう。
今回の被害の状況については、
こうした全国でみられる現状も含めた上で、
慎重に検証することが必要です。

こんなことから、「林業地だからの災害」とか、
「林業が災害を助長」などと、短絡的な意見が出てくる恐れ大。
それはともかく、今日ここでは
「前例のない豪雨のもたらした不可避災害」としておきます。


Web Siteはこちら→森林雑学研究室
プロフィール

只木 良也

Author:只木 良也
森林雑学研究室
Web Siteはこちら
http://shinrinzatsugaku.web.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード