3林業校交流の会、今年は長野で

昨年調印した3林業校の交流基本協定。
3林業校とは、岐阜森林文化アカデミー、長野林大、京都林大。
3校の学生・職員の交流を図り、人材育成など様々な面で
協力し合おうという取り決め(→2015.11.23ひとりごと)。
去年の岐阜に続いて、今年は長野林大が幹事校で、
11月24日、長野県塩尻の県林業総合センター、
25日、木曽福島の林業大学校で開催。参加は学生・職員約100名。

初日は、午後開会。各校の学生から、
それぞれの学校・その活動の紹介の後、
3校学生混ざり合い、6グループに分かれて
テーマ別ディスカッション。

mini-IMG_1861.jpg

A.地域活性のための山での暮らし方
B.シックハウス症対応の県産材利用促進
C.長伐期材の搬出技術
D.ドローン等を使った事業管理
E.地域材の高付加価値化
F.安全な林業にするためには
その後、討議の結果の報告と講評、
話し合いを通じ、各地の話題に視野が広がり、
問題点把握に効果大きい。続いて懇親会。塩尻宿泊。

2日目は、雪に輝く北アルプスを眺めながら、
早朝塩尻発、木曽福島の長野林大へ移動。

mini-IMG_1866.jpg

林大構内グランドとその周辺で林業技術の競技会。
2校の学生たちが、8種目で技と時間を競う。
伐木。伐倒方向が設定枠通りに。拍手々々。

mini-IMG_1906.jpg

枝払い。チェーンソーの扱い、見せどころ。

mini-IMG_1901.jpg

材の運搬。体力と、チームワークの勝負。

mini-IMG_1887.jpg

他に、材の薄切り、合わせ切り、チェーンソー整備
森林・木材関連の早押しクイズも。
勝負順位よりは、交流親善が大事な競技会。
でも最後は、それぞれ競技の表彰あっての閉会式。

mini-IMG_1910.jpg

表彰される者はもちろん笑顔だが、参列の一同も和気あいあい。
3校協力の本大会。今後も期待出来そう。

当日、11月なのに積雪あり、グランドも泥んこ。寒かった。
しかし、会の運営はスムーズで、お見事。
来年の幹事校は、わが京都林大。
今年の長野林大の努力に負けず劣らず務めたいもの。


Web Siteはこちら→森林雑学研究室

プロフィール

只木 良也

Author:只木 良也
森林雑学研究室
Web Siteはこちら
http://shinrinzatsugaku.web.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード