森林と市民を結ぶ全国の集い in Kyoto

国土緑化推進機構による「森林都市民を結ぶ全国の集い」。
第21回の今年、6月10~11日、京都で開催されました。
初日は、京都北山、京都東山、森の京都(南丹市美山)、大阪北摂という、
4コースのエクスカーションツアー(体験型見学会)。
2日目は全体会が、京都府立大学・稲盛記念会館にて。

全体会に出席してきました。
開会、主催者ご挨拶に引き続いて、
基調講演は、開催地京都らしく、
聖護院門跡門主・宮城泰年氏による
「森林によって人はどう生かされているのか」。
ご自身の山伏経験も加え、
山林に神・仏性を見る古来の日本人について、など。

s-IMG_3489.jpg


続いて、前日の4コースのレポートを
随行の京都府立大学「森なかま」学生諸君から。
また、パネルディスカッションでは、
木製玩具、炭焼き、農山村生活、林業が
それぞれの専門家から、熱く語られました。 

s-IMG_3492.jpg


歴史的に森林が果たしてきた役割を
京都を中心に掘り起こし、踏まえ、
これからの地域の発展に寄与するにあたっての
市民、企業などのあり方を考えさせる集会でした。

なお、宮城門主の基調講演のなか、こんな話題がありました。
森林率66%を占める山国・ブータンの憲法にはこんな記載があるとか。
「森林率は永久に60%以下にしてはならない」。
なんとびっくり。恐れ入りました。
わが国も真似したいものです・・・。


Web Siteはこちら→森林雑学研究室

プロフィール

只木 良也

Author:只木 良也
森林雑学研究室
Web Siteはこちら
http://shinrinzatsugaku.web.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード