醍醐寺五大力さんの日

2月23日、俗に言う醍醐寺の「五大力さん」の日。
「五大力尊仁王会」(→2011.3.2ひとりごと)。
明け方に雨、お参りの人、例年よりやや少なく。

mini-IMG_2703.jpg

醍醐といえばサクラが呼び物、秀吉以来の名所。
しかし、まだ2月、つぼみはまだまだ固い。
4月の絢爛豪華を約して、今は隠忍自重のとき。

mini-IMG_2701.jpg


それに代わる先行の、静かに開く花々あり
2月といえばウメ、あちこちに花開いていて、
白書院の玄関、左右に白ウメ、紅ウメを配し。

mini-IMG_2697.jpg

常緑低木アセビ(→2010.5.23ひとりごと)。
鹿が食べると角が落ちる、馬が食べると足許ふらつく有毒
・・・で、馬酔木。
この白い花も春に先駆けて、おなじみ。

mini-IMG_2712.jpg

ところで境内の憲深林苑に、紅花のアセビ発見。
後で調べてみたら、稀に紅花もありとか、

mini-IMG_2694.jpg


紅白、紅白、他にも何か? ありました!
この五大力の日らしい行事、「餅上げ力奉納」。
男子約150kg、女子約90kgの大鏡餅の持上げ、耐久時間を競うもの。
その大鏡餅が紅白二重なのでした。
そしてお寺直売の「五大力餅」。やはり紅白でした。

mini-IMG_2727.jpg


Web Siteはこちら→森林雑学研究室
プロフィール

只木 良也

Author:只木 良也
森林雑学研究室
Web Siteはこちら
http://shinrinzatsugaku.web.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード