京都府庁旧議場連続講座

8月20日、京都府庁旧議場での連続講座
「森の京都」(→2016.5.26ひとりごと)、
その第4回を聴講に出かけました。
講師は、松谷茂氏(京都府立大学客員教授)で、
テーマは「意外とオモロイ、樹木からのメッセージ」。
この日、会場満席、2階傍聴席も満杯。

mini-IMG_1266.jpg


京都府立植物園名誉園長である松谷氏は、
長年の実績から、樹木の生理・生態に詳しい。
それぞれの樹種の現在の生活・繁殖様式は、
長年の進化過程から生み出された「生き残り戦術」、
それあってこそ、その種が存続できたと説明。

花粉の媒介をしてくれるものとして、
風媒や虫媒は誰でも知っているが、
コウモリ媒、カタツムリ媒も、といった話を交えたり、
スライドに、生枝や種子のサンプルも持ち込んだりと
盛りだくさんの内容に、聴衆も満足気。
講演会第1回担当の私に触れてくれる一幕も。

mini-IMG_1267.jpg

講演終了後も、大勢から質疑応答。
いつ終わるかも知れず・・・。

mini-IMG_1270.jpg


Web Siteはこちら→森林雑学研究室
プロフィール

只木 良也

Author:只木 良也
森林雑学研究室
Web Siteはこちら
http://shinrinzatsugaku.web.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード