世界の森林減少

朝日新聞の「しつもん! ドラえもん」というコラム。
素朴な、また時として盲点をつく質問の数々を毎日楽しむ。
最近気になったのは、小学4年生からの質問で、
世界の森林が減っているようだが、
陸地のうち森林は何割くらいあるのか、というもの。

これに対するドラえもんの答えは、
約3割。
毎年、日本の森林の5分の1にあたる面積が消えている。
減少の一途で、特に、アフリカや南アメリカが著しい、と。

この答えに、若干補足をしておきたい。

雨の多い日本は、国土の67%が森林だが、
これを世界スケールで考えると、森林は陸地の30%にすぎない。
それが今、農業その他の開発で、どんどん減っている。

e-Pasoh2.png


1980年代には、熱帯林を主に年間平均で、
1,540万ha/年(日本の国土の42%)が減少。
その後、かなりセーブされてはきたが、それでも、
2000~10年には、520万ha/年(日本の国土の14%)もが。

e-Pasoh伐採跡


520万ha/年、単純に割ると、520万ha/年=10ha/分。
1分間に10haずつ森林が失われていくという計算に。
10haとは、果たしてどれくらいか。
なんと! 熱闘甲子園球場グランド面積7枚分相当!!

ドラえもん。
21世紀の事態はかなり深刻だよ。


Web Siteはこちら→森林雑学研究室
プロフィール

只木 良也

Author:只木 良也
森林雑学研究室
Web Siteはこちら
http://shinrinzatsugaku.web.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード