シイの花見と太柱と

5月17日、自然大学野外実習は、
奈良春日山原始林。例年、コジイの花盛り
照葉樹林、年に一度の晴れ姿の時期に。
今年は時期やや遅かったか、盛りは過ぎたものの、
矢張りここの「シイの花見」は圧巻。

IMG_0232.jpg

今ここでは、奈良ならでは事態が・・・。
奈良のシンボル、シカが増えたことによって、
天然記念物原生林の種構成が変わるという問題(→2014.6森林雑学ゼミ)、
あいかわらず、進行中。
シカにはこんな表示も無効!!

IMG_0228.jpg


ところで近鉄奈良駅東出口、行基菩薩像と噴水。

IMG_0201.jpg

待ち合わせ場所として有名なこの広場に、
ガラス天井が出来て丸2年。
その際、設置されたのが、太い木材の飾り柱を6本で、
大仏殿の柱を模したもの。
それに気のつく人が意外に少ないのは残念だが・・・。

IMG_0200.jpg

東大寺大仏殿は、戦国時代に焼失し、120年を経て
江戸元禄時代に復興されるが、良質木材は窮乏。
建物自体の規模を3分の2に縮小、そして、太い柱は
スギ、ヒノキ、マツなどの細材を寄合わせて鉄釘と銅輪で締め。
こちらが、大仏殿の本物の柱。

PICT0020a.png


Web Siteはこちら→森林雑学研究室

プロフィール

只木 良也

Author:只木 良也
森林雑学研究室
Web Siteはこちら
http://shinrinzatsugaku.web.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード