大堰川、川霧

10月28日朝。
それまで10月末とは思えない高温続きが一転、
急な冷え込みに。それを反映して
亀岡の盆地の平地部には、川霧が広がる。
京都林大へ向かう山陰線列車の窓より。

IMG_6065.jpg

ここは丹波霧という名もある川霧の名所。
秋から冬の川霧は、気温が川の水温より低いときに発生するが、
この地の発生源は大堰(おおい)川。
9月の台風で嵐山を襲った濁流、あの上流で、
保津峡・嵐山を経て、桂川、そして淀川へ注ぐ。
あの日、堤防を越えた水は、JR亀岡駅のホームすれすれまで達し、
その写真はまるで「船着場」の光景だった。
その駅も、この日は霧。ホームのずっと向こうに川がある。

IMG_6063.jpg

話代わって、しつこいようだが、
盛夏・8月の花、ノウゼンカズラの
その後(→2013.9.14ひとりごと)。
10月29日、まだ咲いている。

IMG_6073.jpg

今年最初の撮影は6月25日。
なんと、花期は4ヶ月を超えた!!


Web Siteはこちら→森林雑学研究室
プロフィール

只木 良也

Author:只木 良也
森林雑学研究室
Web Siteはこちら
http://shinrinzatsugaku.web.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード