天声人語、その後

1月6日、朝日の天声人語について、
あちこちから連絡をもらいました。
その4日後に開催された高校の同級会。
ここでも、「見たよ」と何人もが。

取り上げていただいたのは、
森林文化協会が発行する『グリーン・パワー』掲載の
カリフォルニア州にある大木・ギガントセコイアを紹介したコラム。
今年が国際森林年であることにちなんでの、引用でした。

執筆者にお礼を伝えたいと、
『グリーン・パワー』編集長にメールをしたところ、取り次いでくれたようで
数日後、なんと、担当のご本人からお便りを頂戴しました。
コラムを読んでの感想ばかりか、
大いなるものをつくりだす自然への畏敬が、さすが熟練の筆致で綴られており、
それは嬉しいことでした。

ちなみに、その大木・ギガントセコイア、
呼び名は、シャーマン将軍。

sシャーマン

この巨木の幹体積(幹材積という)は、1,487m3。
ちなみに、日本の幹体積の最高記録といえば、
山形・金山スギ林の、1haあたり2,780m3。
ただ、こちらあくまで森林での記録で、
1haあたりに生える木々の幹体積の総計。
すなわち、
シャーマン将軍の幹体積は、ただ1本で、
金山スギ林約0.5ha分のそれに相当する。
なんたる大きさ!


Web Siteはこちら
プロフィール

只木 良也

Author:只木 良也
森林雑学研究室
Web Siteはこちら
http://shinrinzatsugaku.web.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード