芦生、秋色絶佳

京都大学の芦生(あしゅう)研究林へ行ってきました。
丹波の秘境、かつて京大芦生演習林と呼ばれたところ、
私にとっては、学生時代からの旧知の仲。

091025ashuuasa.jpg

由良川源流のスギ林


日本海に注ぐ由良川の水源地帯に4200haを占め、
「芦生スギ」と呼ばれるスギの天然林、
そのスギと紅葉期を迎えた広葉樹の混交林、秋色絶佳。

091024ashuutennnennrinn.jpg

芦生の紅葉、スギの緑とのコントラスト


芦生スギの特徴、日本海側の「裏スギ」、
葉は柔らかく、握っても痛くない。
萌芽(切り株から芽を出す)性強く、また伏条性も強い。

伏条とは、積雪の重みなどで、枝が押さえつけられ
地面に着いた生枝から、根が出て新しい個体に育つこと。
雪国は樹木も粘り強い、
雪圧というマイナスを、うまくプラスに。

091025ashuusugi.jpg

伏条。芦生スギの根元付近
プロフィール

只木 良也

Author:只木 良也
森林雑学研究室
Web Siteはこちら
http://shinrinzatsugaku.web.fc2.com/

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード